アレルギーを防ぐ

モップとバケツ

浴室や台所、トイレなどの水廻りは、カビや水垢が生まれやすい環境が整っています。カビが繁殖すると不衛生になると同時に人間の体内にも悪影響をもたらします。特にアレルギー体質の人の場合はカビは大敵になってしまいます。水垢は特に不衛生というわけではありません。しかし、見た目があまり良くないのでやはり除去してしまったほうがすっきりするといえます。 水廻りコーティングは、カビや水垢を防ぐ役割がありますのでできることなら新築のマンションに住む場合には行っておいたほうがよい方法です。ただし最初からキッチンや浴室などにカビなどの付着を防止させる加工がついている不動産物件もあります。 水廻りコーティングを行うことでカビや水垢を付きづらくさせることができます。しかし、完全にくっつかないようにできるわけではありませんので、付いてしまった場合は掃除をするなどして除去します。 水廻りコーティングを行うにあたってはハウスコーティングを扱う企業やリフォーム業者に依頼することでサービスを利用できます。

水廻りコーティングを行うことで、完全に除去できるわけではなくても掃除の手間がそれほどかからなくなるメリットがあるのが人気の理由です。 コーティング作業の流れとしては、例えばキッチンの場合はレンジフードあるいは換気扇周りにコーティング剤を塗ったあと壁やタイルなどにも同様の処置を行います。タイルの目地の部分については、よく染み込ませるように塗ることがポイントです。それからシンクや蛇口など残りの部分にもコーティング剤を塗ります。その際にムラがないようにできるだけ均一に塗っておくことがポイントとなります。 コーティング後に手入れする方法としてはシンプルでスポンジで洗うだけでできます。たわしの使用はコーティング部分を傷つける可能性がありますのでできれば控えたほうがよいでしょう。