清掃のタイミング

スプレーボトルとタオル

ダクト清掃の存在は知っているし、やりたいとは思ってはいるがどのタイミングでやるべきかの判断が下せない人も多いでしょう。実際プロ目線でも内部を確認しなければ分からないものなのですが、素人でも外見からおおよその目測は出来るようになっています。まず、ダクトの通気口部分を調べてみましょう。油が滴り落ちている場合は完全に清掃時期ですが、滲み出ているだけでも清掃のサインとして受け取る事が推奨されています。油の滲みは非常に明確に濃い色となって表れるため、判断は誰でも可能です。ダクト清掃の時期は、そうした外側から見て分かる異常で時期を見極める事が可能です。業者だけに依存するのではなく、普段から自分達で点検を行う事で、確実な処置が可能になります。

商店街の衰退が叫ばれる中、店舗集合型のショッピングセンターが市民権を得つつあります。そこでは、他の店と繋がったダクトを使用している所も多く、点検の方法や依頼の仕方も変わって来ています。ショッピングセンターが雇っているメンテナンス業者が一括管理しており、必要な点検やダクト清掃を行っています。ダクトの掃除をしなければ、店舗内での運営を断られてしまうケースもあり、無視できない部分として認知されて来ています。みんなで共通して使う共有部分でもあるからこそ、大切にされている側面があります。その点では、衛生管理が約束される意味で非常に信頼を置く事が出来ます。ただ、そのダクト清掃・点検にまつわる手続きややり取りが定期的に必要になるので、その時間を確保する余裕を持っておきましょう。そうする事で、お互いが信頼のおける関係として運営して行けるようになるため、ダクト清掃は重視されています。